オシドリ夫婦

オシドリ夫婦

3月の在庫は自粛期間ということもあり少なくて、人にお見せできるものもありませんでしたので、4月の在庫にします。オシドリは毎年この公園で繁殖し、人なれもしているのでもう撮らないや、と思っていたのですが、きりっとした顔でメスをガードする姿に思わずシャッターを押してしまいました。一心不乱に壁の苔を食べるメスを、自分はまったく食べずに周囲を見張りながら守るオスにちょっと心打たれてしまいました。このあと無事にヒナが生まれると、オスは全くメスに関心を持たなくなり、静かに羽換わりの時期を迎えてエクリプスになっていきます。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

スズメ

スズメ

2月の例の珍鳥を出そうとも思ったのですが、地元の野鳥ファンはほとんど見てると思うのでやめまして、3月の在庫に移ります。プロポース中のスズメです。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

ヒバリ

ヒバリ

2月の野鳥を蔵出し中でしたが、ちょっと中断してつい先日出会ったヒバリです。完璧に隠れているつもりのようです。

ヒバリ

歯科医院に行った帰りの川原で目撃しました。カメラは常に持ち歩くべきですね。

EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

ヤマセミ

2月のフォルダーを放出中で、次はヤマセミの写真なんですが、このヤマセミは同じ場所で1月に撮ったほうが良い写真なので、ちょっと後戻りしてそっちを載せます。

ヤマセミ
ちょうど獲物が目に入ったところだと思うのですが、尾羽がピキッと上がったところです。

ヤマセミ
このあと、勢いよく飛び込んでいきました。
1月、2月はいつ行っても見ることができたので、撮られた方も多いと思います。

EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

冬のホオジロ

本日は2月に見たホオジロです。

ホオジロ

ホオジロ

ホオジロは札幌では基本的には夏鳥で、冬に見たのは初めてだったので驚きました。しかし、最近は越冬するのも珍しくないようです。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

ウソ

今日の鳥は、前回に引き続いて2月の円山探鳥会のときに見た鳥で、ウソのメスです。

ウソ
雪を食べていました。

ウソ
尾羽根の裏に白い軸斑が目立ちますが、亜種アカウソでしょうか。このあたり、よく知りません。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

シマエナガ

本日の画像は2月9日の円山公園探鳥会のときに撮ったシマエナガです。フォルダには大量の画像がありましたが、ゴミの山でした。なかなか写真集シマエナガちゃんになりそうな写真はありません。難しいですね。

シマエナガ

シマエナガ

シマエナガ

シマエナガ

EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

エゾフクロウ

エゾフクロウ

2月の探鳥会が終わったあと、公園をもうひとまわりしてから帰ろうと歩いていたら、探鳥会では見なかったエゾフクロウがいました。この公園で見たのは初めてでした。滞在は短かったようです。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

ヤマガラ

ヤマガラ

普通種が続きますが、1月下旬のヤマガラです。あまりに普通種なので。写真をアップロードするのも2012年2月5日以来だということが分かりました。1月下旬はちょうど、ある野鳥の冊子のための写真を依頼されている頃で、けっこう身近の普通な種類のリクエストが多かったのものですから、あまりストックがなく、焦って手当たりしだいにその辺の鳥を写していました。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM

カワラヒワ

カワラヒワ

雪の上を闊歩、ということで1月下旬に撮影したカワラヒラです。北海道では亜種カワラヒワは夏鳥で、繁殖を終えたら本州へ渡り、かわりに亜種オオカワラヒワが越冬しにやってくる、つまり「入れ替わっている」という説を信じていたのですが、最近は亜種カワラヒワも越冬するらしく、よくわからなくなっているようです。

カワラヒワ

三列風切の白い部分が幅広いのがオオカワラヒワの特徴だそうですが、そんなこと意識して撮影していないので、うまく写っていません。普通種といえど、よく観察しながら撮らなきゃだめだなと反省しているところです。
EOS90D, EF100-400 F4.5-5.6L IS II USM