カヤスミフォトのフォトログです。Twitter→@suemeweb
札幌、野鳥
6月10日円山公園で見た昆虫
6月10日に円山公園で見た昆虫です。同定は暫定的です。

センチコガネ
センチコガネ。

ヒゲボソゾウムシ
ヒゲボソゾウムシの仲間。種類が多く、最近種名も改変されているようなので鑑別は困難です。

トゲカメムシ
終齢幼虫と思われますが、触角の最終節末端が黄色いのでトゲカメムシではないでしょうか?

シロジュウシホシテントウ
シロジュウシホシテントウ。

クワハムシ
クワハムシ。

ルリハムシ1
ルリハムシ藍色型ではないでしょうか。

ルリハムシ2
ルリハムシの緑色型。

チャイロサルハムシ
チャイロサルハムシ。

ハンノキハムシ
ハンノキハムシ。

クルミハムシ
クルミハムシの集団がいました。メスはみんなお腹が大きくて、もうすぐ産卵なのでしょう。

Olympus Stylus Tg-3 Tough
posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
シロオビクロナミシャク、ヒメウスアオシャク、ハナウドゾウムシ
今シーズンは野鳥に専念し虫は撮らないぞと思っていたのですが、夏鳥もいなくなっちゃったし、ついつい反射的にコンデジを向けてしまいます。

シロオビクロナミシャク
シロオビクロナミシャク北海道亜種だと思います。

ヒメウスアオシャク
あまり自信はないのだがヒメウスアオシャクでは? 小さなお友達も写ってますが、誰だか知りません。

ハナウドゾウムシ
シーズン初ゾウムシはやっぱりハナウドゾウムシでした。

Olympus Stylus Tg-3 Tough
posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
帰り道のカメムシ
懲りずに帰り道のカメムシシリーズですが、11月6日の撮影で、これが本当に今シーズン最後です。ここでは毎日のようにツノアオ、ヨツモン、エゾアオ、スコットなどいろいろなカメムシを見ましたが、一番最後まで残っていたのはクサギカメムシでした。

クサギカメムシ
クサギカメムシ。

チャバネフユエダシャク
ついでに同じ場所にいたフユシャクの仲間。チャバネフユエダシャクかな?

Olympus TG-3 Tough
posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
11/5西岡水源池探鳥会で見た昆虫
まだいるのか?という感じで、11月5日の西岡水源池探鳥会で見た昆虫などです。

ハガタキリバ
壁のレンガの間で暖をとるハガタキリバ(ヤガ科)です。

ハガタキリバ
引っ張り出しました。なかなか美しい蛾です。

ウスズミカレハ
日差しを浴びて暖をとるウスズミカレハ(カレハガ科)です。

ウスズミカレハ
なかなか暖かそうな外套を着ています。

ヤチバエ
ヤチバエの仲間。

ウロコアシナガグモ
ウロコアシナガグモ。

クシヒゲシャチホコ
公園のトイレでクシヒゲシャチホコ(シャチホコガ科)発見。

ヒメバチ

ヒメバチ
これらはヒメバチの種類かな? 種の同定はちょっと無理。

さすがに次回の探鳥会ではもう虫探しは無理でしょう。まじめに鳥を探そうと思います。

Olympus TG-3 Tough
posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
オツネントンボ
オツネントンボ

我が家に舞い込んできたオツネントンボです。

オツネントンボ

オツネントンボ

オツネントンボ

Olympus TG-3 Tough
posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
カメムシ三種
もうやめる、と言っておきながらまた帰り道のカメムシです。だってまだ居るんだもの。

ヒメツノカメムシ
雨上がりの夜のヒメツノカメムシ。水滴がついているのが趣きがありました。寄生虫の卵もついている。

ヒメツノカメムシ
翌日の夜のヒメツノカメムシ。寄生虫の卵もなく、別の個体のようでした。

クサギカメムシ
クサギカメムシもまだまだ大発生しています。

ツノアオカメムシ
とは言え、そろそろ絶命する個体もあります。転落した仲間の死体を追悼するツノアオカメムシ。

ツノアオカメムシとクサカゲロウの幼虫
こちらも絶命しかかっているツノアオカメムシ。しかし、肩に何かうごめく小さなものが……。

ツノアオカメムシとクサカゲロウの幼虫
クサカゲロウの幼虫でした。小さな虫がいなくなると大きな昆虫の死体を食べると聞きますが、まさかツノアオカメムシを食べようとしているのか?

Olympus TG-3 Tough
posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
キバナオニグモとトホシカメムシ
10/15モエレ沼探鳥会の合間に見た昆虫などです。そろそろ虫たちも数少なくなってきましたし、探鳥会の合間に虫を探している不届き者も僕の他には一名か二名といったところだったので、極めて私信に近い報告となります。

キバナオニグモ

まず目立ったのはまるでマスクマンのような、このクモ。

キバナオニグモ

オニグモの仲間では派手なほうだと思いますが、これはキバナオニグモ。北方系の代表的なクモのようです。本州では高地でしか見れないようです。

10月といえばカメムシなんですが、そのカメムシもだいぶ少なくなってきたところ、木の上にいるのを一匹見つけていただきました。

トホシカメムシ

トホシカメムシ。数えるとたしかにホシが十個あると思います。

トホシカメムシ

これはカメムシの中でもかなり僕のお気に入りの部類に入ります。見つけていただいてありがとうございました。

Olympus TG-3 Tough

posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
帰り道のカメムシ
8月の「帰り道の昆虫」と全く同じ場所で、9月と10月に見た昆虫です。季節柄、ほとんどカメムシです。歩道だけが小高い丘になっており、車道を見下ろす場所なのですが、その柵に毎年カメムシが大発生します。撮影もすべて夕方のものです。

エゾアオカメムシ
エゾアオカメムシです。

ツノアオカメムシ
ツノアオカメムシ。初めて見たときはなんて立派なカメムシだろうと思ったのですが、毎年ここで大量に見るので、なんか普通になっちゃいました。

エゾサビカミキリ
カメムシじゃないんですが、エゾサビカミキリがいました。

クサギカメムシ
ツノアオカメムシの次に多いのがクサギカメムシです。

ツノアオカメムシ
ツノアオカメムシを被写界深度合成モードで撮影したところ、走っている車のライトも合成されました。

クサギカメムシ幼虫
この場所にいる成虫の種類から類推するに、たぶんクサギカメムシの幼虫だと思います。

カメムシの仲間
これ、分からなくて困っているカメムシです。8月6日に西岡水源池で見たのと同じカメムシです(8/6西岡水源池探鳥会で見た昆虫)。

エゾアオカメムシ幼虫
エゾアオカメムシの幼虫だと思います。

昆虫シーズンもぼちぼち終わりですね。そろそろ野鳥に戻りたいと思います。

Olympus TG-3 Tough

posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
10/8円山公園探鳥会で見た昆虫
10月8日円山公園探鳥会の合間に見た昆虫です。15枚です。

アシアカカメムシ
アシアカカメムシ。この場所ではちょっとレア。ツノアオカメムシに近い仲間で、やっぱり肩の形がカッコイイですね。

ヨツモンカメムシ
ヨツモンカメムシ。非常に多いです。北海道を代表するクヌギカメムシ科の仲間。

アカスジカメムシ
アカスジカメムシ。ちょっと赤色が薄い。

メノコツチハンミョウ
メノコツチハンミョウ。踏まれてしまったのか、もう虫の息でした。まあ虫なんですが……。

ツチカメムシ
ツチカメムシの仲間。ツチカメムシか、ヒメクロツチカメムシか? 時期的には後者の可能性が高いか? 同じ場所で2年前の6月に見た個体(ツチカメムシの仲間)と比べてどうでしょう?

キイロスズメバチ
絶命していたスズメバチ。キイロスズメバチかな。

ナガゴミムシ亜科
ゴミムシの仲間。たぶんナガゴミムシ亜科で、◯◯ヒラタゴミムシみたいな名前だと予想します。比較的大きなアゴ、前胸板の形と縦溝などから、頑張れば同定できるかもしれませんが、ものすごい数の種類がいるのでちょっと自信がありません。

ハラビロマキバサシガメ
サシガメの仲間。たぶんハラビロマキバサシガメのメスではないでしょうか。以前オスを見ましたが、オスはほっそりとしていて、全くハラビロじゃなかったです。

キンカメムシ科チャイロカメムシ
ちょっとレアなカメムシ(気づいてなかっただけかもしれないが)。T氏によると、キンカメムシ科のチャイロカメムシの仲間ではないか、ということでした。Tさん、いつも教えていただいてばかりですいません。

ウンモンスズメ
ウンモンスズメの幼虫でいいと思います。

ヒメツノカメムシ
こんなに赤くていいのかと思いましたが、ヒメツノカメムシでしょう。紅葉の季節だし、きっといいんだと思います。

テントウムシ
テントウムシ(ナミテントウ)。無紋型ですね。

エゾアオカメムシ
エゾアオカメムシ。夏に見たときより暗い緑色になってます。

ナシケンモン
ここにもいました、ナシケンモンの幼虫。

ヒメアカタテハ
毛虫でしめるのもなんだかなあと思っていたので、ヒメアカタテハがいてくれて助かりました。以上です。

EOS70D, EF100-400F4.5-5.6L(ヒメアカタテハ)
Olympus TG-3 Tough(その他)

posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
10/1西岡水源池探鳥会で見た昆虫
遅くなりましたが、10/1西岡水源池探鳥会で見た昆虫です。毎度のことですが、大した事ない写真が24枚続きますので、ご注意ください。

ヒメツノカメムシ
ヒメツノカメムシのオスだと思います。

エダシャク
蛾の幼虫。エダシャクの仲間でしょうか。

テントウムシ
テントウムシ(ナミテントウ)。十九紋型ですね。

ホソトガリバ
蛾の幼虫。ホソトガリバあたりでしょうか。

マツキリガ
蛾の幼虫。マツキリガではないかと思います。

ヒメクロオサムシ
キマワリだと思ってたのですが、写真を見たらオサムシでした。ヒメクロオサムシでしょうか。

クヌギカメムシ
お腹の大きくなったクヌギカメムシの仲間。これから産卵するのでしょうか。ヘラクヌギカメムシまたはサジクヌギカメムシだと思います。

ホシアワフキ
わりと大型のアワフキ。ホシアワフキだと思います。

リンゴドクガ1
リンゴドクガの幼虫を見つけました。この日は二匹見つけたのですが、後から見たこっちの方が見栄えが良かったです。

リンゴドクガ2
リンゴドクガ幼虫の顔。

リンゴドクガ3
リンゴドクガ幼虫を上から見たところ。赤い尾っぽがオシャレですね。

リンゴドクガ4
驚かすと、背中を丸めて黒い部分を見せつけて威嚇してきます。

キトンボ
キトンボがいました。ちょっと捕まえて撮影に協力していただきました。この場所では最も遅くまでいる種類のひとつだそうです。羽の根本と前縁が色づいているところが特徴。

センチコガネ
センチコガネではないかと思います。

コガネオオハリバエ
ヤドリバエの仲間。札幌の昆虫には掲載されていませんが、コガネオオハリバエではないでしょうか。

オオヒラタシデムシ
オオヒラタシデムシ。北海道には固有種ヒラタシデムシもいますが、胸部背面に縦溝があるのでオオヒラタシデムシだと思います。

クロオオアリ
ハチの仲間かと思いましたが、よく見ると女王アリのようです。クロオオアリでしょうか?

ヤチバエ
ヤチバエの仲間。

ヒメツノカメムシ
ヒメツノカメムシ。こちらはメスみたいですね。

ナシケンモン
蛾の幼虫。ナシケンモンではないでしょうか。

メガネアサヒハエトリ
雪虫(トドノネオオワタムシ)を捕まえて得意げな様子のメガネアサヒハエトリ。いやあ、もう雪虫が飛んでるんですよ。もうすぐ雪が降るんですねえ。

オオハエトリ
かなり大型のハエトリグモ。ハエトリグモハンドブックを見ても分からなかったのですが、ツイッターでオオハエトリと教えていただきました。ありがとうございます。

メノコツチハンミョウ
ちょっと木道から離れていて寄って撮影することができませんでした。ツチハンミョウの仲間。この時期に出てくるのはメノコツチハンミョウだと思います。

シータテハ
シータテハ。このまま越冬するのでしょうか。

以上、間違いもあると思うので指摘していただけると助かります。


EOS70D, EF100-400F4.5-5.6L(メノコツチハンミョウ、シータテハ)
Olympus TG-3 Tough(その他)






posted by sueme | permalink | 昆虫 | comments(0) |
Recent Entries
Search this site
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
RECOMMEND
RECOMMEND
フィールドガイド日本の野鳥
フィールドガイド日本の野鳥 (JUGEMレビュー »)
高野 伸二
最初の一冊にお薦めしたい図鑑です。鑑別には写真よりイラストです。
RECOMMEND
新・山野の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑
新・山野の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑 (JUGEMレビュー »)

ハンディな図鑑で携帯専用に使っています。
RECOMMEND
新・水辺の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑
新・水辺の鳥―野鳥観察ハンディ図鑑 (JUGEMレビュー »)

ハンディな図鑑で携帯専用に使っています。
RECOMMEND
新訂 北海道野鳥図鑑
新訂 北海道野鳥図鑑 (JUGEMレビュー »)
河井 大輔,川崎 康弘,島田 明英
2012年改訂の日本鳥類目録第7版に準拠した最新の図鑑。北海道在住ならぜひ欲しい。
RECOMMEND
シギチドリ類ハンドブック
シギチドリ類ハンドブック (JUGEMレビュー »)
氏原 巨雄, 氏原 道昭
シギチドリ類鑑別の要点がイラストで描かれた持ち運びに便利な小冊子。
RECOMMEND
札幌の昆虫
札幌の昆虫 (JUGEMレビュー »)
木野田 君公
札幌市民必携の超良本!